麻生式MCTオイル活用術

MCToil Method By asoshiki

MCTオイルとは

MCT(Medium Chain Triglyceride:中鎖脂肪酸)オイルとは、ココナッツ(ココヤシ)やパームヤシ(アブラヤシ)の種子から作られる、 消化吸収されやすく、脂肪になりにくい中鎖脂肪酸100%のオイル。一言でいうなら、肝臓でケトン体(糖の代わりに、脂肪から作られるエネルギー)をすばやく作れるオイルです。

「MCT」は天然成分

中鎖脂肪酸は、ココナッツやヤシ科植物の種子の核の部分に含まれる自然由来の成分で、母乳や牛乳などにも含まれています。 中鎖脂肪酸が約60%の含まれているココナッツオイルに対し、MCTオイルは100%中鎖脂肪酸でできています。無味無臭なので、料理に入れても味が変わることはありません。

効率よくエネルギーになる

中鎖脂肪酸は一般的な油であるサラダ油、ゴマ油などの長鎖脂肪酸より早くエネルギーとなり、吸収、分解が早いのが特徴です。その差は長鎖脂肪酸の約4倍〜5倍とも言われています。 中鎖脂肪酸は小腸に吸収されたのち、門脈を通り、肝臓に入り、すぐさま分解されエネルギーとして使用されます

麻生式ダイエットの強い味方

MCTオイルに100%含まれる中鎖脂肪酸は、ケトン体が作られる仕組みをサポートします。より早く効率的にやせることができる着火剤のようなものです。
糖質制限の最初はふらついたり体調不良になるケースがありますが、MCTオイルを組み合わせることで症状を抑えることが出来ます。また、腹持ちも良くなります。

ボケないレシピ

認知症予防にも強い味方

高齢になって脳のエネルギー源であるブドウ糖を上手く利用できなくなったとき、代替エネルギーとなるのがケトン体です。そのケトン体を多く生み出すのがMCTオイルです。脳の機能を維持し、認知症予防に効果があるとされています。

免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ

がんと闘うオイル

免疫機能と関わるたんぱく質、がんの進行と炎症を抑制するオメガ3脂肪酸、ケトン体の産生をバックアップするMCTオイルは「免疫栄養ケトン食」の基本。がんの好物であることを糖質を制限し、ケトン体質になることで、がん細胞への 栄養源を断ち、兵糧攻めにします。

アスリートの持久力アップに

MCTオイルは消化や吸収がよく、すばやくエネルギーになるため、アスリートにおすすめです。また、習慣的に摂ることによって、運動中のエネルギー源として「脂質」を利用し、糖質温存につながることが推測されます。よって、持久的な運動でもより疲れにくく、より長く活動できるようになります。

使い方

1日大さじ1〜2杯を数回に分けて摂取しましょう。 コーヒーやみそ汁に入れたり、ドレッシング代わりにするのがおすすめです。MCTオイルは加熱できないので、仕上げにかけましょう。

免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ

MCTパウダー

MCTパウダーはMCTオイルを粉末にしたものです。 液体のMCTオイルは人によって下痢する場合があります。 そのような場合はMCTパウダーがおすすめです。 栄養は吸収が重要なので、自身が吸収しやすいものを 選択した方がいいです。 MCTパウダーは糖質が高いものがあります。 麻生式食事術では糖質の低いMCTパウダーを勧めています。

MCTオイル 250g

管理栄養士 麻生れいみ監修

これこれオイルMCT

商品説明文 MCT(中鎖脂肪酸油/C8とC10が99%以上)100%の食用オイル。 植物由来天然成分100%で安心・安全な製法・厳しい品質管理で製造しています。

これこれパウダーMCT

商品説明文 10g当たり0.13gという超低糖質を実現したMCTパウダー。 オイルのように下痢になりにくく、吸収率が良い。またパウダーのため摂取しやすい。